月別: 2018年11月

今年のお歳暮に贈るものはもう決めましたか?冬グルメは贈る相手に合わせましょう。

一年お世話になった方へのお歳暮は、できるだけ相手に喜んでもらえるようなものを選びたいですよね。ただ、毎年贈っている相手だといつも同じものでよいのか?次は何を贈ろうかと悩んでしまいます。また、たまにしか会わない方の場合は、趣味し好もあまりわからないので、ついつい無難なものを選びがちです。

送り先の方がお酒を飲むのであれば、ビールの詰め合わせは定番ですよね。ちょっと重さはありますが、日持ちもして確実に消費してもらえるので、間違いなしのギフトですよね。もしくは、お酒のつまみにもなりそうな海産物を贈るという選択肢もあります。蟹 ギフト おすすめのようなカニの贈答用セットも喜ばれそうです。

食べ物の趣味が分からない場合ですと、洗剤やタオルギフトもあります。ただ、毎年贈っているとちょっとマンネリ化しがちな品物のような気もします。スイーツ好きなご家庭でしたら、洋菓子や和菓子のギフトもいいですね。お子様がいる家庭でも安心です。

他にはハムのギフトもお歳暮の定番です。ハム、ソーセージ、ベーコンなどのギフトもバリエーション豊富なので、送り先の家族構成や予算に合わせて選べるのは助かります。予算多めで高級ギフトを考えているのであれば、ローストビーフや高級和牛も喜ばれるのではないでしょうか。

普段からよくお世話になっている方や親戚などであればある程度は何を贈ればよいのかわかりそうな気もしますが、難しいのはやはり会社関係のお歳暮だと思います。

奥様が旦那の上司へのお歳暮を選ぶのはけっこう難しいですが、職場や仕事先へは日々お世話になっているので、できるだけ良いものを贈りたいところです。できることであれば、普段の飲み会やランチタイムなどで、さりげなく好みをリサーチしておくと、贈り物選びの時に迷わなくていいかもしれませんね。

家族関係や親戚などであれば、みんなで食べられるような食品関係が贈り物としては選びやすい気がします。一般的な予算ですと、お手頃価格の3,000円代〜5,000円代くらいのようです。

少し贅沢な高級ギフトを上司や先輩に贈る予定でしたら、予算感的には1万円以上のものを贈りたいところです。

ギフト選びで迷ったら、直接相手に聞く方法もありますし、ネットショップに掲載されている売れ筋ランキングを参考にして、そこから選ぶのも失敗が少ないと思います。

Categories: 未分類

スマホの見過ぎでドライアイがつらかった。目の乾燥や重い感じが、サプリで楽になりました

普段から、スマホでゲームをすることが日課になっていて、長時間スマホを眺めることが多くなりました。

ゲームをすることが楽しくて、また、スマホのゲームでは、そのゲームを一緒にやる仲間などが増え、チャットなどでおしゃべりするのも楽しみの一つになっていました。

ですが、そんな状態が続き、ある日、すごく目が疲れていることに気づきました。

目がチカチカして、目を閉じるとちょっとゴロゴロとした異物感のようなものを感じ、友人に相談したら、スマホの見過ぎで目の乾燥が原因じゃないかと指摘されました。

今まであまり気にしていなかったためか、知らなかったのですが、最近、若い人にスマホ老眼が増えているらしいですよ。

とはいっても、最初はそういうこともあるんだなと、特に対策もせずに過ごしていました。

でも、その状態がだんだんと悪化してきてしまい、しっかりと睡眠をとっているにも関わらず、目の疲れがとれず、目の奥が重いような感じが残り、どうにかして治したいと思うようになりました。

友人にもう一度相談したら、目にはブルーベリーがそれなりに効果があるよといわれたので、ブルーベリーサプリを試すことにしました。

試してみたのは、普通にドラッグストアで売っているのよりもなんとなく効きそうかなと言う理由で、ネット通販で買ってみました。

結果的には、目の乾燥や重い感じが楽になったような気がします。

最初のみ始めた頃は効いているのかどうか、あまり実感はありませんでしたが、数ヶ月飲み続けているうちに、だいぶ目の状態もよくなりました。

また、自分の生活環境ではスマホ見過ぎの状態のため、これも改善しようと、少しスマホでゲームをする時間を削りました。

その他にも、ドライアイ対策として、定期的に目薬を使ったり、ストレスかいしょうという名目のもと飲み会に行ったり、美味しい蟹をお取り寄せしたり(ズワイガニ 通販 おすすめ)、目が疲れることで首や肩、こめかみなどがこりやすくなったので、定期的にマッサージをしてこりをほぐすことも、日々の日課にしています。

そのように、目の疲れ対策をいくつか組み合わせているうちに、だいぶ目の状態もよくなり最近では特に目がチカチカしたり、目の中の異物感なども感じなくなりました。

スマホはとても便利なものですが、使う場合には目にあまり負担にならないようにある程度時間を決めています。

長時間画面を見る場合には、合間に休憩などをいれて目を休めるように、最近では意識しながら生活しています。

もし、最近なんとなくでもつらいと感じているなら、試してみる価値ありです。

Categories: 未分類